風呂敷の便利な活用法について

布団

風呂敷を使う

風呂敷は約1m四方の物であれば、お遣い物を包んで持って行ったり
畳んでおいて荷物が増えた時にサブバック代わりに使ったりしますが、
収納用品としても活用できます。

例えば、布団などの寝具類や座布団は非常にかさばりますので、
押し入れやクローゼットなどの物をしまうスペースが十分に確保できない時には
困ることがあるでしょう。

また、日常的によく使う物ですので、力のない
高齢者が出し入れをするのは大変なことが
ありますし、介護をしている場合には、汚れた時に
すぐに替えの寝具を用意したいこともあるでしょう。

布団類を収納するには、大きな風呂敷を
使うのをおすすめします。

大きい風呂敷

風呂敷の大きさは、幅という単位を使うので、
購入する場合は参考にするといいでしょう。

最も大きいサイズは七幅で約238cm四方になり、
寝具類一式を包めるくらいの大きさになります。

1周り下のサイズの場合は、六幅で約2m四方の大きさです。
このサイズでも十分ですが、七幅の方が余裕を持って包めます。

押し入れなどに入れなくても、見せる収納でそのまま部屋に出して置けます。
家具や壁紙の色、部屋の雰囲気と合わせるとお洒落です。

風呂敷の素材は、室内に置いておくので汚れた時の手入れのしやすさを考え、
自宅で水洗いできる生地を選ぶと良さそうです。

洗える生地

天然素材であれば、綿製品が良いでしょう。
化学繊維であれば、ポリエステルやナイロン製がおすすめです。

ただし、冬場の乾燥した時期には静電気が起きやすいので
汚れやほこりが付きやすくなることがありますので、十分注意してください。