アイロン

風呂敷は長い歴史を持ち、優雅でありながら合理的なアイテムです。
一種のバッグということもできます。

長持ちさせるためには、正しいお手入れが必要です。
一口に風呂敷と言っても、いろいろな素材からできていますから
それぞれの素材にあったお手入れをすることがポイントです。

布でできているため、一度使っただけで、シワがついてしまいます。

素材を活かす

どうすれば、折りシワを伸ばすことができるでしょうか。
シワが少しだけであれば、使用した後しばらく広げることで自然になくなります。

それでも取れない場合、基本はアイロンを使ってシワを伸ばします。
素材によって、適温が違うため注意しましょう。たとえば、レーヨンは低温でかけます。

シルク製やポリエステルの場合は中温でかけます。
コットンだけは高温でも大丈夫です。

いずれの場合も当て布して、裏側からかけるようにします。
スチームの水分で風呂敷が縮むことがあるため、スチーム機能は
使わないようにしなければいけません。

洗濯の仕方もそれぞれ違います。シルク製は着物と同じで家で
洗うことができません。ドライクリーニング店に出した方が良いでしょう。

洗濯機を使うより、手洗いした方が素材を傷つけることなく丁寧に洗うことができます。

丁寧に扱う

洗濯機で洗うとほつれることがあります。
合繊を使った、気軽に使える物は洗濯機でも洗うことができますが、
洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。

干すときは十分シワを伸ばしてハンガーにかけるなら
アイロンをかけなくてもきれいになります。