風呂敷の便利な活用法について

風呂敷収納の良さとは?

風呂敷を使う

風呂敷は日本古来からあるもので、唐草模様などの伝統的な柄や
花や景色などの日本情緒を表現したものがあったり、近年では
モダンなデザインを模したものが多く、使うシーンに応じて
さまざまなデザインが利用されています。

デザインごとの使い分け

地球環境にも優しいことからエコという観点からも注目されていて、
風呂敷は脚光を浴びており、持って行く際にかさばらなかったり
小さくできることからビニル袋や紙袋などに代わる
包装用道具として愛用している人が増えています。

最近では外国でデザインされたものがあり、北欧テイストのデザインや
ヨーロッパ調のものもあり、オリエンタルなエスニック柄など
いろいろな枠にはまらないかわいくおしゃれなデザインのものが人気です。

江戸時代に一般人も使用するようになったと言われていて、
百貨店などで紙袋が利用されるようになり、その存在感は
薄れていきましたが、近年再びエコやリサイクルが注目されると共に
何でも包むことができたり、小さくたたむことができ、美しくおしゃれな
模様が楽しめるということで再び注目されています。

小さくたためる

風呂敷の大きなメリットは一枚でできているということで
スカーフと同じような使い方をすることも可能です。

模様の雰囲気や素材などを利用すると、毎日のファッションにも
利用することができるでしょう。

一枚の布ですが形を変える方法はいろいろあり、バッグに結んで付けてみたり、
素材によってはベルト代わりになったりすることが可能です。

もちろんギフトなどの収納しておくこともできたり、丸め方次第では
手提げバッグにもあるでしょう。

少しアレンジするだけで何か重宝するツールで、
いろいろなシーンで活用することができます。