着物収納

着物を収納したいと思っているものの、家に専用のスペースがないので
困っているという方もいるかもしれません。

市販の衣装ケースを使用しようと思っても、着物だと
普通の洋服のように小さくたたむことはできません。

スペースを利用

小さく降りたためないため、市販の衣装ケースにしまいたくても
キレイに入らないというケースも多くあります。

だからといって着物専門の収納スペースを購入するとお金がかかります。

そこで専門のしまうスペースを用意するのではなく、
気軽に購入できるアイテムを活用するのも1つの手です。

色々な方法

例えば収納のときに活用できるアイテムとして、風呂敷があげられます。
風呂敷の特徴の1つが、包みたいものに合わせて、工夫して使用できるという点です。

例えば襦袢をしまうときと、足袋をしまいたいとき、風呂敷であれば
それぞれのサイズに合わせて包み方を調節できます。

包み方を工夫することによって、無駄なスペースをなくすことにもつながります。

また風呂敷の特徴には、包むものを傷ませないという特徴も存在しています。
衣装ダンスなどにしまう場合、無理やり詰め込もうと思って、
生地を傷めてしまう方もいます。

ですが包む場合であれば、無理に詰め込むことなく、
生地にとって良い環境で包むことが可能です。

実際にしまうときに活用したいと思っているときには
どのような包み方があるのか情報を集めましょう。

それぞれのものに適した包み方をすることで、上手にしまっておくことにつながります。