衣替え収納

服というのは季節により着用する物も違って来るので
季節の変わり目に衣替えを行う人が多いです。

ですがその際、きちんと収納していないと、どの季節の服を
何処に入れたのかが分からなくなり、タンスや押し入れからの
出し入れが厄介になります。

だからこそきちんと、ケース分けを行い、どの季節の服が
何処に仕舞われているかを把握する必要があるのです。

ただし住んでいる家によっては、収納ケースを多く置く余裕がなかったりします。

理想の形

なのでそういった場合は、風呂敷を活用する事で
すっきりとした形で衣類を仕舞う事が可能です。

というのも古くから使用されている風呂敷ですが、
一枚数百円程度で購入可能な点がまずは魅力的だったりします。

そのため、それ程お金を掛けなくて衣類を分類するのに
必要な枚数を揃える事が可能です。

しかも風呂敷は、様々な色合いやデザインの物が販売されています。

なので夏や冬、春といったイメージに合う色合いや
デザインの物を探し出す事が可能です。

イメージに合う

なのでそういった季節感のイメージに合う物を使用して、
その季節に着用する衣類をある程度纏めて包む事で
仕舞い込むための衣類ケースの数を減らす事が期待出来ます。

実際、風呂敷は大きい物から小さい物まで、様々なサイズの物が販売されています。

なので大きめのサイズを購入すれば、ある程度纏めて衣類を包んで分類し
収納する事が可能です。

この方法ならば、衣替えの際にも取り出す衣類が直ぐに分かるので
スムーズな衣替えを実現出来ます。